ヨーロッパ移民政策の失敗

ヨーロッパ諸国では人口減少に歯止めをかけるべく、移民政策を早い段階から推進してきました。

確かに人口減少の抑制にはなりましたが、新たな問題が浮上してきました。

少子化問題の友好な解決策として移民問題を推奨してきたヨーロッパ諸国でしたが、近年、ついにこの政策自体が失敗だったとの宣言を各国の首相や大統領が正式に認めたのです。

移民政策の急先鋒であり、自身も移民の子孫であるサルコジ元大統領は、移民政策が失敗であったと正式に認めました。

フランスではアフリカ系住民と中東からの移民が急増し、ブルカ問題にまで発展することとなりました。

また、移民によるゲットーが形成されており、地域住人の生活の安全が脅かされています。

さらに、移民の取り締まりが厳しいとされる英国でも先日正式に移民政策が失敗であったことを首相が認めました。

すでに国内ではインド系や中東からの移民で溢れかえっており、治安の悪化につながってしまっています。